スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

鳥山明×桂正和「さちえちゃんグー!!」レビュー

感想というか、大まかなまとめです。他のDBサイトさんが総スルーなので・・・。

ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 05月号 [雑誌]ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 05月号 [雑誌]
(2008/04/04)
不明

商品詳細を見る


鳥山先生約一年ぶりの新作は盟友・桂正和先生とのコラボレーションというかたちでした。
原作:鳥山明先生、作画:桂正和先生「さちえちゃんグー!!」

・どういうお話?
主人公は百地さちえ。今どきの(?)中学生。
いきなり宇宙からUFOが。宇宙人も。なんやかんやでオクト星という星を救うためにいざ宇宙へ。
・・・説明になってませんね。でもそういうお話なんです^^;

・みどころ?
絵こそ違えど、全体にあふれる空気感はまさに鳥山テイスト。いかにもな宇宙人、ナメック星みたいな
風景、そして終始ハイテンションで突っ走る作風。雰囲気や全体的なノリはネコマジンに近いかと思います。

・なんと対談
これは買ってから気づいたのですが、なんと6ページにわたって鳥山先生×桂正和先生の対談が掲載されています。主に今作に関する裏話が中心ですが、これほどの長さの対談は貴重ではないでしょうか。
そして鳥山先生のネームが!一見の価値ありです。つーかなんでこれをカラーページの方に載せないのか・・・もったいない。そして両先生のサイン色紙プレゼントもありです。

とまぁ、500円出す価値は十二分にあるかと。何かの単行本に収録されることもまずないと思うので。

最後に、対談中で最も気になった部分を。
鳥山先生「楽しかった。原作はいいね。これならもう少し漫画を続けられると思う(笑)

次回作に期待しましょう。。。

スポンサーサイト


漫画レビュー | コメント(1) | トラックバック(0)2008/04/04(金)11:58

「ハチワンダイバー」6巻感想

ハチワンダイバー 6 (6) (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 6 (6) (ヤングジャンプコミックス)
(2008/03/19)
柴田 ヨクサル

商品詳細を見る

ハイテンションすぎる将棋漫画。の、最新刊です。
今回も相変わらず全力疾走です。
1対3のファミレス将棋も決着。意外な結果が。ついに明かされた受け師の目的。
物語が進むにつれて徐々に敵が強大になっていってる気がします。
そしてやはり続きが気になる終わり方でした。未読の方には一気読みをおすすめします。
連載で追っていくのもいいかと。

んで何かYJ次号で発表があるらしいのです。メディアミックスついに・・・!?
ドラマ化とかだったら面白そうですね。

3/26追記:本当にドラマ化だそうです!おぉ!


漫画レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/20(木)16:38

«  | HOME |  »



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。