スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ハチミツとクローバー完結記念

hatikuro-1.jpg

「自分の好きな人が自分のことを一番好きになってくれる、たった、
それだけの条件なのに、永遠にそろわない気がする」



2006.9.21の放送で無事完結したハチクロⅡ。
原作完結も記念し、今回はハチミツとクローバー特集!

感想。
ぼくは原作は立ち読みした程度でアニメでしか知らないのですが、
本当に、とてつもなく面白い要素の多いアニメでした。
アニメ1は、前半の軽い感じと後半の深い物語展開がとてもよく、
最終回も充実したものでした。
2は全体的に深い物語が展開され、感動の要素が多かった気がします。

というか、共通して言えるのは、シリアスな物語の中にうまく
コメディ要素が混ぜられているということですね。
その割りきりがとても上手だと思いました。

キャラクターも本当にすばらしかったです。
5人が主役といってもいいぐらいです。
・進路に悩み、恋愛に悩む竹本君
・天性の才能、容姿は子供のはぐちゃん
・善良なるストーカー、仕事人真山。
・真山一筋、美脚美乳山田さん。
・究極のボケ役、天才奇人森田さん。

まぁこれだけ個性的な面子がそろえばそりゃ面白くなりますゎ。

そして、他のアニメとは一線を画す主題歌&挿入歌の数々。
表をつくってみました。



・ハチミツとクローバー
OP:YUKI 「ドラマチック」
ED:スネオヘアー「ワルツ」
第1話: スピッツ  「ハチミツ」
第2話: スガシカオ 「8月のセレナーデ」
第3話: スガシカオ 「月とナイフ」
第4話: スガシカオ 「波光」
第7話: スピッツ  「多摩川」
第10話:スピッツ  「魚」
第12話:YUKI    「ドラマチック」
第13話:スガシカオ 「そろそろいかなくちゃ」
第14話:スピッツ  「Y」
第15話:スピッツ  「夜を駆ける」
第18話:スガシカオ 「ユビキリ」
第19話:スガシカオ 「黄金の月」
第22話:スピッツ  「月に帰る」
第23話:スガシカオ 「Room201」
第24話:スピッツ  「スピカ」





・ハチミツとクローバーⅡ
OP:YUKI 「ふがいないや」
ED:スネオヘアー「スプリット」
第1話: スピッツ  「仲良し」
第2話: スピッツ  「プール」
第3話: スガシカオ 「ココニイルコト」
第4話: スピッツ  「ほのほ」
第5話: スピッツ  「ジュテーム」
第6話: スガシカオ 「Happy Birthday」
第7話: スガシカオ 「夏陰~なつかげ~」
第8話: スガシカオ 「リンゴ・ジュース」
第9話: スガシカオ 「風なぎ」
第10話:スピッツ  「涙」
第11話:スガシカオ 「ふたりのかげ」
第12話:スピッツ  「田舎の生活」



「ハチミツとクローバー」というタイトルがスピッツとスガシカオの
アルバム「ハチミツ」「クローバー」から由来していることから
挿入歌に抜擢されたらしいです。

1の12話ではOPが使用されました。

総評。
進路や恋愛に悩む様子、現実との葛藤など今の若者の姿をリアルに描写
されていて、とても見ごたえのある作品でした。
全体の印象としては「きれいな恋愛模様」といった感じで、
見ていて気持ちのいい作品でした。




ぼくの中では、間違いなく一番好きなアニメです。

アニメもほとんどで終了しましたが、興味のある方、you tubeなどで
一度ごらんになってみては。→ハチミツとクローバー chapter.1

スポンサーサイト


未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)2006/09/23(土)12:50

せいるのマンガ論。

こんにちは。また一週間空いてしまいましたね・・・すいませんm(_ _)m

今週入ったニュースはこれ。

鳥山明先生作「Dr.SLUMP」完全版刊行決定!

原作者つながりということでメインサイトの方にも記しましたが。。。

10月4日より毎月2巻づつ発行。

実は次に買うマンガの候補が3つあり、そのひとつがこれだったんですね。
これを期に買ってみようかな。

他は特にニュースはないので、今回は少し個人的なマンガ論を。

まず、マンガは以下の4つの要素で面白さが決まります。

ストーリー
  これによって興味を持つ人持たない人に分かれる
作画
  読者の想像力を代替する重要な部分
キャラクター
キャラが成り立てば、知名度は上がる
演出
  軽薄なストーリーでも演出効果でクオリティアップ

要するに面白いマンガは上の4大要素が成り立っていて、
ダメなマンガは成り立ってないということです。

まぁ、わかりやすいように例を。
もちろんあくまで自分の勝手な見解ですのでご了承を。

・DEATH NOTE-デスノート-
ストーリー :☆☆☆☆☆☆
作画    :☆☆☆☆☆☆
キャラクター:☆☆☆☆
演出    :☆☆☆
まぁこれはよいマンガの例ですね。
「ノートに名前を書けば人が死ぬ」単純でいて、それでも現代の
盲点を付いたようなストーリーはすばらしく、その緻密な設定に対し
緻密な画。人気が出るわけです。

ダメな例を。
名前出すのもあれなんで
・ジャンプ連載中、タイトルが漢字一文字の某マンガ
ストーリー :☆☆
作画    :☆
キャラクター:☆☆
演出    :☆☆
まぁ新人さんみたいなので仕方がない・・・かと思えばネウロのような
すばらしい作品を描く新人さんもいるもので。経験の差でしょうか。
にしてもこの某マンガ、作画ひどすぎますね・・・

究極にすばらしいと思う例を。
・DRAGONBALL-ドラゴンボール-
ストーリー :☆☆☆☆☆☆
作画    :☆☆☆☆☆☆
キャラクター:☆☆☆☆☆☆
演出    :☆☆☆☆
ストーリーは、まさに現代のジャンプマンガの基本となっているほど。
作画はドラゴンクエストのキャラデザをみれば一目瞭然。
悟空を知らない人もいないでしょうし。完璧に限りなく近い作品です。

オマケ
・昨今のアキバ系アニメ
ストーリー :☆☆
作画    :☆☆☆
キャラクター:☆☆☆☆☆
演出    :☆☆
どうもキャラクターが一人歩きして、ストーリーなんてオマケのごとく
軽薄なアキバ系。ぼくが好まない理由、おわかりでしょうか。



こんな感じです。ではまた。




tomooさん>コメントどうも♪
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)2006/09/17(日)11:26

アニメニュース諸々

一週間も間があいたこともあり今回は特筆すべき事柄が多々あります。

まずはこの衝撃ニュースから。

「ヒカルの碁、デスノートの小畑健氏 逮捕」

……ん~…エイプリルフールのガセネタではなさそうです。9月だし。

銃刀法違反の模様。

乗用車内にナイフを所持していたとして、警視庁石神井署が銃刀法違反の現行犯で、「DEATH NOTE(デスノート)」や「ヒカルの碁」の作画で知られる漫画家、小畑健容疑者(37)=東京都武蔵野市境=を逮捕していたことが7日、分かった。
 小畑容疑者は「キャンプに使うために持っていた。申し訳ないことをした」などと供述している。
 調べでは、小畑容疑者は6日午前0時30分ごろ、練馬区大泉町の路上で、乗用車内にアーミーナイフ(刃渡り約8・6センチ)を所持していた。パトロール中の同署員がライトが切れた乗用車を発見。運転していた小畑容疑者を職務質問し、キーのアクセサリーに小さなナイフが付いていたことから車内を調べたところ見つかった。

以上、産経新聞9.8より。

アニメや映画続編には影響はないとのことです。

続いてのニュースです(何
大好評放送中のアニメ「ハチミツとクローバーⅡ」の最終話の竹本役の代役声優が決定しました。野島健児さんという方です。どんな声なのでしょうか。
ちなみに原作最終巻10巻は9月8日発売です。

次はアニメ映画関連を。
超サイヤ人級に天才的なアニメ監督細田守さんの最新作「時をかける少女」大人気に伴い公開映画館が拡大します。
個人的なイメージではゲ●戦記やブレ●ブストーリーよりはるかに
よいできかと。ぜひ見てみては。

もうひとつ。
電撃文庫の看板作「キノの旅」が映画になります。公開はおそらく来年ごろ。→公式サイト



では最後に秋の新作アニメを一挙紹介。例によってまともなアニメのみですが。

BLACK BLOOD BROTHERS」  原作:あざの耕平
   9.8(金)放送開始    監督:吉川博明
   MXテレビ他           

D.Gray-man」       原作:星野桂
   10.3(火)放送開始    週刊少年ジャンプ連載
   テレビ東京系

DEATH NOTE 」       原作:大場つぐみ
   10.3(火)放送開始    アニメ制作:マッドハウス
   日本テレビ系

武装錬金」         原作:和月伸宏
10.4(水)放送開始    監督:加戸誉夫
   テレビ東京系
   
蒼天の拳」         原作:原哲夫
10.4(水)放送開始    コミックバンチ連載
   テレビ朝日系

家庭教師ヒットマンREBORN!」原作:天野明
10.7(土)放送開始    監督:今泉賢一
   テレビ東京系

地獄少女 二籠」      原案:わたなべひろし
10.7(土)放送開始    監督:大森貴弘
   MXテレビ他

「史上最強の弟子ケンイチ」  原作:松江名俊
10.7(土)放送開始    監督:亀垣一
   テレビ東京系

働きマン」         原作:安野モヨコ
10.12(木)放送開始   監督:小野勝巳
   フジテレビ系

結界師」          原作:田辺イエロウ
10.16(月)放送開始   監督:こだま兼嗣
   日本テレビ系

その他
ローゼンメイデン オーベルデューレ」原作:PEACH-PIT
    放送日未定          ※特別編

秋は春よりも新作が多いですね。やはり注目は日テレ新看板「結界師」
ノイタミナ第6弾「働きマン」そして渦中のデスノート。
今秋も期待大ですネ。

ではまた。






臨時ニュースです。たった今入ってきました(何

90年代、第三次アニメブームを巻き起こした問題作
「新世紀エヴァンゲリオン」の新作劇場版の製作が決定!
「エヴァンゲリオン 新劇場版 前編」(07年7月公開)
「-中編」(08年1月公開)
「-後編+完結編」(08年6月公開)の全4部作。
乞うご期待!!

・・・・・・あれあんまり面白くないんだよな(ぁ



ハチミツとクローバー 10 (10) ハチミツとクローバー 10 (10)
羽海野 チカ (2006/09/08)
集英社
この商品の詳細を見る







未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)2006/09/09(土)10:17

HUNTER×HUNTER新記録!

少年ジャンプの人気作品ハンターハンターが9月4日発売の
ジャンプで新記録を達成します。それは・・・・・・
休載回数150回突破!

いゃあなんと言えばいいのか。とりあえずこれだけ言っておきます。

     「連載再開まだですか・・・?」

休載連続記録も現在更新中なのです・・・最悪年内の24巻発売は
ありえないかもしれません。それは勘弁してほしいですねェ・・・。

話変わって。
先週の夏休みラストのころ。夏休み課題捨ててマンガの衝動買いに
はしりまして。最近マンガを集める際は中古が主流なんですが、
このときは新品を4冊買うという異例の事態(?)となりました。

xxxHOLiCは中古がなかなかないのですよ。ネウロも。

manga.jpg

なんで青年コミックてのはこんな高いんだか・・・



ハンター×ハンター (No.23) ハンター×ハンター (No.23)
冨樫 義博 (2006/03/03)
集英社
この商品の詳細を見る


未分類 | コメント(0) | トラックバック(1)2006/09/03(日)14:50

«  | HOME |  »



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。