スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

俗・さよなら絶望先生最終話レビュー

感動編、これにて終幕・・・!




デチューン一転、OPがフルカラーになりました!総天然色!




カエレちゃんがものすごく動いてます。かっこいい

Aパート:「鎌倉妙本寺解雇」 (九集第81話)
Bパート:「大導寺信輔の音声」 (十二集第112話)
Cパート:「あにいもうと、という前提で」(六集第52話)





野良オニもカラーだと迫力が増しますな。わらわら




クソヒゲハット、もといめるめる父登場。3期がこわい。




ぉお、これが噂に聞く初音ミクですな。しかも声が本人とは・・・!




背景が美神と絶チル・・・(笑)




一発キャラとはいえ最後の最後で出してくるとは・・・三期が前提ですよね

そしてついに新ED「オマモリ」解禁。
恋路ロマネスクを彷彿とさせるキャラとアメコミチックな色合いが印象的。






・エンドカード


すべてのはじまり久米田先生。
南国のキャラでも出してくるかと思いきや存外まともな、すばらしいイラストでした。


・雑感
OP、カラー!ほんとにスタッフさんお疲れ様です。
前回そして今回と実験はなく、終始原作通りを貫いきましたね。これが松来未祐さん(藤吉さんの方)の言っていた「『絶望先生』らしい終わり方」ということだったんでしょうか。
そしてオマモリでわざわざED用の映像を作ったのが驚きでした。なんかこう、うまい具合に総括的な映像で締めるかと思いきや・・・。最終話でのこの原作の選定は何か意味があるのではと思いますが、どうでしょう。

・全13話総括
一期とは対照的に原作寄りとなった俗・さよなら絶望先生。反面、毎話視聴者を飽きさせないための「実験」の数々がありました(スタッフ的には実験という言い方は微妙なようですが)。当初はあまり受け入れ難かった実験パートですが声優シャッフルやいろんなアニメ、パロディのみで構成されたオリジナルパートなど、観ていくうちに「次はどんなのがくるんだろう」という期待と不安がありました。徐々に不安は薄れていき、こういうかたちのアニメなんだなぁと割り切って考える頃には、普通に楽しんで観ることができていました。


大事なところで手を抜き、細かいところにネタを詰め込む。これは一期から通しての印象です(※ほめているのですよ)。原作同様緻密に描かれた背景は、アニメの絶望先生を楽しむひとつの要素となったのは確かです。さらに、原作以上に「わかる人にはわかるネタ」、つまりパロディなどが多用されていたのも面白さのひとつでした。これは久米田作品において根底にあるテーマだと思います。

結局のところ、理屈抜きで面白かったんです。絶望先生×シャフトの組み合わせはいい意味で悪い意味でいろんな意味で最強でした。


最後に、やはり三期を切望します。
DVD3万本で3期・・・・・・「大人語でやらないって事だよ。」とは久米田先生の弁・・・。
俗~は1期放送中にすでに制作が決まっていたそうですが、はたして・・・・・・。

俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】
(2008/03/26)
神谷浩史、野中藍 他

商品詳細を見る


俗・さよなら絶望先生 第二集【特装版】俗・さよなら絶望先生 第二集【特装版】
(2008/04/23)
神谷浩史、野中藍 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:俗・さよなら絶望先生│ジャンル:アニメ・コミック
アニメレビュー | コメント(0) | トラックバック(1)2008/03/30(日)05:21

俗・さよなら絶望先生第12話レビュー

いつになくネタ祭りでした





劣化の一途を辿っていたOPがカラーに・・・!?

Aパート:「着陸の栄え」 (十集第99話)
Bパート:「或る女 役」 (八集第78話)
Cパート:「波に乗ってくるポロロッカ」(六集第51話)





改蔵が!「田中陽子です!」って新しすぎ(笑)




左:かってに改蔵、右:行け!!南国アイスホッケー部のことですな




なにげに今回まといちゃんが目立ってました。んでまたしても改蔵、地丹、・・・羽美ちゃん・・・!!?




全体を通してエヴァ、ハルヒネタが多かった気がします。「ハルビン」なるものは3回も

ちなみに私、絶望からルートPまでポロロッカしました(南国はポロロッカ中)


今回のかなりの数の改蔵キャラ出演・・・さらに羅列ネタ
・改蔵・・・・?→詳細を待て!?
さらにさらに

サンデー、マガジンの企画で帰ってくる・・・!?


・エンドカード


「ひだまりスケッチ」蒼樹うめ先生。シャフト繋がり。

・雑感
実験パートはなし?
原作依りの回としては最高の出来だったんじゃないでしょうか。全体的にスピードが速く、ネタ満載で百見さまも満足だったかと。改蔵の告知も気になって仕方ありません。

次回、最終回です。
OPは完全カラー化となるのか!?新ED「オマモリ」解禁!?
そして三期は・・・!?「絶望先生らしい最終回」とは?

ここで死んだら、死に損。

俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】
(2008/03/26)
神谷浩史、野中藍 他

商品詳細を見る

一集にはペリーさんの回の日本語.verと年忘れの回の本筋.verが収録されるみたいです。

テーマ:俗・さよなら絶望先生│ジャンル:アニメ・コミック
アニメレビュー | コメント(3) | トラックバック(1)2008/03/23(日)06:36

「ハチワンダイバー」6巻感想

ハチワンダイバー 6 (6) (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 6 (6) (ヤングジャンプコミックス)
(2008/03/19)
柴田 ヨクサル

商品詳細を見る

ハイテンションすぎる将棋漫画。の、最新刊です。
今回も相変わらず全力疾走です。
1対3のファミレス将棋も決着。意外な結果が。ついに明かされた受け師の目的。
物語が進むにつれて徐々に敵が強大になっていってる気がします。
そしてやはり続きが気になる終わり方でした。未読の方には一気読みをおすすめします。
連載で追っていくのもいいかと。

んで何かYJ次号で発表があるらしいのです。メディアミックスついに・・・!?
ドラマ化とかだったら面白そうですね。

3/26追記:本当にドラマ化だそうです!おぉ!


漫画レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/20(木)16:38

「HUNTER×HUNTER」25巻感想

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
(2008/03/04)
冨樫 義博

商品詳細を見る

この漫画が面白いなんてことは今さら言うまでもありません。
作者がどうとか休載が多いとかそういう事情もこの際置いておきましょう。
結局、この作品の面白さはどこにあるのか。ということですよ。

一つ挙げるとすれば「演出の妙」だと思います。
特にこの25巻、ついに宮殿突入なわけですが、人物の動向や心理描写などつきつめたディテールが徹底的に描かれています。その細かな描写ひとつひとつを盛り上げているのが、コマ割りやキャラの表情、そして解説による見事なまでの演出なのではないかと。

無駄がないんです。どんな小さなコマ、セリフにも意味があります。この漫画のすごいところはそういうところにある気がします。いうまでもなく万人におすすめします。本当に面白い漫画とはこういうのを言うんだなぁ、とか思いました。


漫画レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/19(水)23:09

「3月のライオン」1巻感想

3月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)
(2008/02/22)
羽海野 チカ

商品詳細を見る

「ハチミツとクローバー」では複雑な人間関係の中で揺れ動く「恋愛」が描かれました。
この「3月のライオン」で描かれているのは、いうなればそう「家族愛」。

とても温かいお話です。人の優しさというものが丁寧に描かれています。
月並みですが、ゆっくりと物語が動き始めた。というのが所感です。
まだまだ序盤、しかし確実に主人公や周りの人物たちは動き始めます。
ひとりひとりが、何かを取り戻していく。そんなお話。おすすめです。


漫画レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/19(水)22:47

俗・さよなら絶望先生第11話レビュー

オリジナル展開に絶叫したっ!





今回は2パート構成でした。

A、Bパート:「黒い十二人の絶望少女」 (オリジナル)
Cパート:「今月今夜この月が僕の涙で曇りますように」 (二集第11話)

どこかしらブッとんでた今までのオリジナルとは違い、きっちりとした構成でした。





まんま12人の絶望少女達。(内3人死亡)




今回、全体的にBGMが恐るべきシンクロ率でした。そういえばサントラが出ますね




まさに必然の猟奇展開。ローゼンメイデンを思い出しましたが、はて




前回「埋」を覚えたマ太郎。今回は「吊」

========================
オリジナルパートの元ネタは金田一耕助シリーズ。
色んな作品のパロディを織り交ぜながら暴走、というのがこれまでのスタンスだったと思うのですが、今回素晴らしかったのは終始ひとつの元ネタに依り、最後までストーリー性のある展開を醸してくれたことです。単純に観ていて面白かったです。絶望先生アニメ化の意義を見た気がしました。・・・とまぁ個人的には高評価。あと作画っていうんですか、こちらもすごく凝っていてよかったんじゃないでしょうか。

Cパートのお話は一期の頃からやってくれないかな~と待ち望んでいた回でもありました。
初期はネタだけでなくキャラクターで展開が廻っていたということを再確認。
そういえば短冊の中に

身も蓋もない・・・(苦笑)

・エンドカード


うぉう!まさかのヨクサル先生!!「ハチワンダイバー」6巻は19日発売ッッ
・雑感
オマモリじゃないじゃないか。11話から使われるんじゃ・・・?
ルンバルンバ~♪がなかったのは三回目でした。
今回、なーみんの出番がほとんどなかったですね。代わりに甚六先生がまくしたてまくりでした。


俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】
(2008/03/26)
神谷浩史、野中藍 他

商品詳細を見る

一集にはペリーさんの回の日本語.verと年忘れの回の本筋.verが収録されるみたいです。

テーマ:俗・さよなら絶望先生│ジャンル:アニメ・コミック
アニメレビュー | コメント(0) | トラックバック(1)2008/03/16(日)04:59

報告



最近買った漫画です。
順に感想を書いていく予定です。なんか久々ですな。


雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/14(金)11:56

俗・さよなら絶望先生第10話レビュー

デチューン?いえいえフルチューンでした。





今回は最近の原作が。

Aパート:「劣化流水」 (十一集第106話)
Bパート:「痴人のアリ」 (十二集第113話)
Cパート:「一見の條件」(十二集第111話)

どちらかというと、安定回?





デチューンパーツの中に前田君が・・・




グッジョブ藤吉さん。原作以上に媚びてます。




珍妙なファッション、世に憚る。ほんとに入団会見みたい(笑)




今回は内輪受け的なネタが割と多め。そしてCパート一見さまの話へ




手厳しい百見さま。おぉ!キャスバルの新しい絵が!

今回の実験パートはCパートの人物紹介でした。あの画面構成自体一見さまに易しくないのでは・・・
しかし本編は原作どおりだったので、全体的に安定して観ることができました。今回は暴走こそなかったものの、作り手側に関するネタが多く見受けられましたね。危険なネタは前回同様結構・・・内閣をデチューン、あんな国フルボッコetc

・エンドカード


「月詠」有馬啓太郎先生。本人のブログに詳細あり。後ろにMAEDAX G!!

・雑感
暴走→安定→暴走→安定・・・何かみている側が試されているような気がしてなりません(苦笑)
最終回(13話)まで既に録り終えたそうですが、最後まで気が抜けそうにないです。
そういえば「オマモリ」はまだですか・・・ね?


俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】
(2008/03/26)
神谷浩史、野中藍 他

商品詳細を見る

一集にはペリーさんの回の日本語.verと年忘れの回の本筋.verが収録されるみたいです。

テーマ:俗・さよなら絶望先生│ジャンル:アニメ・コミック
アニメレビュー | コメント(0) | トラックバック(1)2008/03/09(日)05:05

絶望先生に改蔵がオチてきた!

今週号の絶望先生「おろしや国タイム譚」に



「かってに改蔵」から田中陽子さんがオチてきました。

詳しくは「かってに改蔵」13巻第1話「春はキャラ変えの季節です」を読みましょう。

かってに改蔵 (13) (少年サンデーコミックス)かってに改蔵 (13) (少年サンデーコミックス)
(2001/09)
久米田 康治

商品詳細を見る

改蔵の新装版とかでないものか・・・


漫画レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/06(木)13:44

俗・さよなら絶望先生第9話レビュー

くたびれの絶望もうけ





タイトルが判明した時点で何となく想像はしていたのですが・・・

Aパート:「一人より女夫のほうがええいうことでっしゃろ」 (四集第34話)
Bパート:「奥の抜け道」 (十一集第108話)
Cパート:「絶望ファイト」(オリジナル)

Cパートはアバン、CM明け、ED後と分散されていました。
元ネタは「ウルトラファイト」らしいです。





どこがおかしいとか何がへんとか、もうそういうレベルではありません。




いろんなところから怒られそうなAパート。濱中アイも。リアルに焼け太る結果になるやも・・・




今回のメインはマ太郎ときっちりさん。




玉に瑕萌えを思い出しました。

・・・とまぁあいかわらず我々の予想の斜め上をゆくシャフトさんですが、今回はどこか絵的な部分で足りない感じがしました。しかしいつの間にか耐性がついてしまった私は、もう何が起きても驚きません。そういうアニメだと理解しましたから(苦笑)

・エンドカード


“Spirit of Wonder”鶴田謙二先生。どこか芸術的。

・雑感
正直、ある意味ではペリーさんの回以上にCパートは蛇足だった感があります。やるべき原作はまだまだあるのに・・・しかしまったく原作が絡んでない話で一つのパートとするのは初めてですね。
そういえばEDが変わってませんでしたね。「オマモリ」は次回からでしょうか。

マリオネットマリオネット
(2008/02/27)
ROLLYと絶望少女達、絶望少女達 他

商品詳細を見る

オマモリは絶世美人のような感じでした。

俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】俗・さよなら絶望先生 第一集【特装版】
(2008/03/26)
神谷浩史、野中藍 他

商品詳細を見る

一集にはペリーさんの回の日本語.verと年忘れの回の本筋.verが収録されるみたいです。

テーマ:俗・さよなら絶望先生│ジャンル:アニメ・コミック
アニメレビュー | コメント(0) | トラックバック(1)2008/03/02(日)04:14

«  | HOME |  »



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。