スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

読書の秋。戯言シリーズ!

さて、今回は特筆すべき内容がないので、作品の紹介を。
記念すべき第一回。
タイトルのとおり小説なのですが、内容はマンガのような作品
ですので安心して(←?)ください。

知っている人は知っている
■戯言シリーズ-西尾維新著

作品は知らなくても西尾さんを知っている方は結構いるんじゃないかと思います。
デスノート&xxxHOLiCのノベライズを手がけた方。
ぼくもそこからこの人を知り、この戯言シリーズと巡り会ったわけです。

まず簡単に紹介を。
戯言シリーズは講談社ノベルズより発行されており全6タイトル9冊。

内容。
主人公の名前は「いーちゃん」本名は不明。このいーちゃんの「戯言(ざれごと)」と呼ばれる言葉が語り部となり物語は進んでゆく。
逃げるようですが、この作品を語るのは簡単なことではないので、
大まかに記していきます。
まずどういうジャンルかというと、第一巻「クビキリサイクル」では「少し逸脱したミステリー」です。まだこの頃はミステリーものとして位置づけられてました。ぶっちゃけ二巻以降「人外バトル」です。
いうなれば少年漫画のような、しかしどこか数学的であり精神論的なものもあり、最終巻「ネコソギラジカル」では運命論がいき過ぎた感じで、「世界の終わり」にまで発展するという、本格ミステリー
ファンが聞いたら怒りそうな作品。しかしだからこそ十代二十代という若い世代に絶大な人気を誇るのです。

もうひとつ、この作品の売りとしてキャラクターがあります。
キャラクターはは最終巻の登場人物紹介欄だけでも64人いるわけですが、
全員が全員、ものすごい個性的であり印象に残るキャラばかりであり、
とにかく普通じゃないキャラクターばかりなわけです。
で、キャラクターには全員に肩書きのようなものがあります。
登場人物紹介のところにも名前+肩書きというかたちで載ってます。
たとえば、先に述べたいーちゃんは「戯言遣い」、その他例として、
料理人、女子高生、研究員など普通なものから、空間製作者、操想術師、魔女、死神、曲絃師、さらには害悪細菌、不協和音、セカンド、人形士、人類最強の請負人など理解不能なものまで。

この作品の面白さはキャラクターそして先の読めない展開。
なのでウィキペディアなどで調べるのもいいと思いますが、キャラクター欄は見ない方がいいです。展開がわかってしまいますので。

マンガ好きは絶対にはまる、そんな物語です。ぜひみなさんも
読んでみてください。

ぼくの紹介はあてにならんですので、興味ある方wikipedia-戯言シリーズでどうぞ。



クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い
西尾 維新 (2002/02)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト


未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)2006/10/29(日)08:10

コメント

お久しぶりです~**

あ、西尾維新さんってアナザーノート書きはった人ですよね??
あの方の書き方イイですよね!!v-291
文章ちゃんとまとめられて羨ましい限りです;;

はっ!!!
デスノート観たんですね!!
実は自分、風邪ひいちゃってて
まだ観に行けてないんデス~;;
なので感想のトコの日記は未読ですv-292
申し訳なぃデス;;
早く観たい限りデス・・・!!


ではでは、また来ます!!

2006/11/04(土)20:52| URL | ゆず #ZnCl9.rg [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。