スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

アニメ絶望先生がすごいっ!

ついにきました。久米田先生初のアニメ化作品。





右下の文字、よく見ると絶倫です。


思えばアニメ化が決定した時から不安がありました。
無意味なパロディに走っちゃうんじゃないかと。杞憂でした。


【OP】
可符香が絶望先生と出会うシーンからのOP入りなのですが、とてもいい感じです。

肝心のOPなんですが・・・ものすごくブラックなんですよ。映像の中に絵が一切出てきませんし。
なぜか前田君らしき人物の顔が出てきたり、2ちゃ○ねる風の・・・

まぁタイトルからして危ないのなんの。
「人として軸がぶれている」歌:大槻ケンヂと絶望少女達

実際背景もずっと黒一色でしたし。あと、出演の欄にコウノトリ、皇帝ペンギン、櫻井女史、タマ(?)など・・・
もう原作知らない人おいてけぼりの状態でした。


あ、前田君というのは久米田先生の元アシの方です。改蔵とかにもよく出てました。


【本編】
原作の1~2話が中心。ただ、主要キャラはセリフ付きで登場してました。

本編に関しては特にいいたいことはありません。原作に忠実でした。


【アニメとして】
アニメに関してはそんなに詳しくないのであまり言えないのですが、作画っていうんですか。
ものすごくきれいでした。展開もテンポよく、いい感じで。

ただ、やはりそこはテレビという大メディア。ネタの変更とかが多かったです。
「ヤフーBB山」発言も「少年マガジン山」になってたり。
つーか、つのだ☆ひろはそのままですか。ピーとか入れなかったんですか。

ただ、これに関してはED後に判明します。あえてここではいいませんが。

【声優さん】
多少の違和感は覚悟していたのですが、これも杞憂でした。
絶望先生の声ハチクロの竹本じゃんとか思ってたんですが。大丈夫でした。


【改蔵ネタ】
今回目立ってたのはころころ変わる黒板ネタなのですが、そのなかにこんなのがありました。

名取家のカレー
カレーにちくわを入れる


こっこれは!?


名取家のカレー


このネタにはやられました。そうですか。前作までネタにしますか。

これこそが久米田作品の信念「わかる人にはわかるネタ」ですよっ!

他には畑先生ネタとかもありました。結構いっぱいあった気がしますが、把握しきれませんでした。

【ED】
正直、歌だけ聴いた感じではこっちの方がよかったかもしれません。

ただ、やはりここにも仕込みはあったのです。




エキストラアニメーション協力のところは、単行本8巻末のやつと一緒です。

あ・・・言い忘れてましたけど、作中で二回、このセルフアニメーションが使われました。つーか冒頭からです

問題はスペシャルサンクスのところ。

久本康 米田治 

これは改蔵、そして絶望先生の中でも使われたネタ
「久米田康治は久本康と米田治の合同ペンネーム」

まさかEDでやってしまうとは。知らない人信じちゃいますよっ。
まぁあれですよ。「超監督 涼宮ハルヒ」みたいなもんですよ。…違うか。

そして、藤田和日郎の文字にお気づきでしょうか。

そう・・・っ!!エンドカードがなんと・・・っ!!

地丹も


地丹もいるじゃないですかっ!(そっちか

そうでした。久米田先生はサンデーとマガジンの距離をぐんと縮めた偉大な方でした。

毎回このイラストが変わるとしたら、赤松先生、畑先生、はては万乗先生とかになったりするんでしょうか。

ここのところは本当に期待しています。ぜひ。





そんなこんなで、アニメ「さよなら絶望先生」第一話感想でした。







スポンサーサイト

テーマ:さよなら絶望先生│ジャンル:アニメ・コミック
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/07/08(日)10:12

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。