スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

さよなら絶望先生第2話レビュー。


台風が猛威をふるってますね。祇園祭とか大丈夫なんでしょうか。





毎週やるかはわかりませんが、とりあえず2話もレビューやります

【OP】


さっそく出てきました。

左から二番目


地丹登場。なにげに本編に出るのは初めてだったりします。


一応解説。
坪内地丹は、久米田先生の前作「かってに改蔵」に登場するキャラクター。
暴走度は木津千里をもはるかに凌ぐ。というか、おそらくマンガ界一(?)のあぶないキャラ。


この人です。


【本編】
原作の霧&まといの話+千里の茶道部のところをうまくつなげていました。

今回の話はあまりネタに走らず、全体的にすっきりとした印象でした。

その中で目に留まったのがこれ。


ひ○ちアサ

講談社漫画賞一般部門受賞 おめでとうございます ひ○ちアサ


自分だって賞貰ったくせにっ!

ひぐち先生が「おおきく振りかぶって」で一般部門を受賞、
そして少年部門の受賞作は「さよなら絶望先生」・・・ちょっとした仲間意識でしょうかw

過去の記事でそんなことを書いていたので参考に。
平成19年度(第31回)講談社漫画賞が決まりましたっ。



他には、正直これといったネタはありませんでした。
・・・ぁ、言っておきますが絶望先生はパロディマンガじゃありませんよっ!
不条理ギャグ漫画です!


そういえばクリーニング屋さんの声が


前田君でした

・・・ん?今回、臼井君出てましたっけ?魂のステージが低いせいか僕には見えませんでした。


そして(個人的に)大注目のエンドカードですよ。本当に毎回変わるみたいです。

で、今回は・・・・・・


上条明峰先生

マガジンでSAMURAI DEEPER KYOを連載していた上条先生です。

この調子でいくと本当に赤松先生とかありえそうです。長年の因縁(?)がありますからね。
参考⇒久米田先生VS赤松先生のまとめ


それではまた来週!・・・やるのかわかりませんけど。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
そういえば、絶望先生の最新コミックス9集は7月17日発売です。
その翌日は愛弟子・畑先生の「ハヤテのごとく!」12巻発売です。

あと、脳噛ネウロがアニメ化だそうですね。まぁこれは前から予想してましたけど。


さよなら絶望先生 第9集 (9) (少年マガジンコミックス) さよなら絶望先生 第9集 (9) (少年マガジンコミックス)
久米田 康治 (2007/07/17)
講談社
この商品の詳細を見る



かってに改蔵 26 (26) かってに改蔵 26 (26)
久米田 康治 (2004/09/17)
小学館
この商品の詳細を見る





スポンサーサイト

テーマ:さよなら絶望先生│ジャンル:アニメ・コミック
未分類 | コメント(0) | トラックバック(1)2007/07/15(日)09:47

トラックバック

http://metaru47.blog52.fc2.com/tb.php/28-296605c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:さよなら絶望先生/第2話 トンネルを抜けると白かった

品質評価 30 / 萌え評価 32 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 24 / シリアス評価 58 / お色気評価 11 / 総合評価 27レビュー数 182 件 第2話 トンネルを抜けると白かった についてのレビューです。

2007/08/27(月)21:54│ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

«  | HOME |  »



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。