スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ハチミツとクローバー完結記念

hatikuro-1.jpg

「自分の好きな人が自分のことを一番好きになってくれる、たった、
それだけの条件なのに、永遠にそろわない気がする」



2006.9.21の放送で無事完結したハチクロⅡ。
原作完結も記念し、今回はハチミツとクローバー特集!

感想。
ぼくは原作は立ち読みした程度でアニメでしか知らないのですが、
本当に、とてつもなく面白い要素の多いアニメでした。
アニメ1は、前半の軽い感じと後半の深い物語展開がとてもよく、
最終回も充実したものでした。
2は全体的に深い物語が展開され、感動の要素が多かった気がします。

というか、共通して言えるのは、シリアスな物語の中にうまく
コメディ要素が混ぜられているということですね。
その割りきりがとても上手だと思いました。

キャラクターも本当にすばらしかったです。
5人が主役といってもいいぐらいです。
・進路に悩み、恋愛に悩む竹本君
・天性の才能、容姿は子供のはぐちゃん
・善良なるストーカー、仕事人真山。
・真山一筋、美脚美乳山田さん。
・究極のボケ役、天才奇人森田さん。

まぁこれだけ個性的な面子がそろえばそりゃ面白くなりますゎ。

そして、他のアニメとは一線を画す主題歌&挿入歌の数々。
表をつくってみました。



・ハチミツとクローバー
OP:YUKI 「ドラマチック」
ED:スネオヘアー「ワルツ」
第1話: スピッツ  「ハチミツ」
第2話: スガシカオ 「8月のセレナーデ」
第3話: スガシカオ 「月とナイフ」
第4話: スガシカオ 「波光」
第7話: スピッツ  「多摩川」
第10話:スピッツ  「魚」
第12話:YUKI    「ドラマチック」
第13話:スガシカオ 「そろそろいかなくちゃ」
第14話:スピッツ  「Y」
第15話:スピッツ  「夜を駆ける」
第18話:スガシカオ 「ユビキリ」
第19話:スガシカオ 「黄金の月」
第22話:スピッツ  「月に帰る」
第23話:スガシカオ 「Room201」
第24話:スピッツ  「スピカ」





・ハチミツとクローバーⅡ
OP:YUKI 「ふがいないや」
ED:スネオヘアー「スプリット」
第1話: スピッツ  「仲良し」
第2話: スピッツ  「プール」
第3話: スガシカオ 「ココニイルコト」
第4話: スピッツ  「ほのほ」
第5話: スピッツ  「ジュテーム」
第6話: スガシカオ 「Happy Birthday」
第7話: スガシカオ 「夏陰~なつかげ~」
第8話: スガシカオ 「リンゴ・ジュース」
第9話: スガシカオ 「風なぎ」
第10話:スピッツ  「涙」
第11話:スガシカオ 「ふたりのかげ」
第12話:スピッツ  「田舎の生活」



「ハチミツとクローバー」というタイトルがスピッツとスガシカオの
アルバム「ハチミツ」「クローバー」から由来していることから
挿入歌に抜擢されたらしいです。

1の12話ではOPが使用されました。

総評。
進路や恋愛に悩む様子、現実との葛藤など今の若者の姿をリアルに描写
されていて、とても見ごたえのある作品でした。
全体の印象としては「きれいな恋愛模様」といった感じで、
見ていて気持ちのいい作品でした。




ぼくの中では、間違いなく一番好きなアニメです。

アニメもほとんどで終了しましたが、興味のある方、you tubeなどで
一度ごらんになってみては。→ハチミツとクローバー chapter.1
スポンサーサイト


未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)2006/09/23(土)12:50

コメント

ぎゃぁぁぁe-274 こんにちゎぁぁ!!
リンクに入れてくれはったんですね~!![絵文
字:e-266]
あぁぁぁりがとぅ御座ぃます~***e-267
私のところのリンクにも入れさせて頂きます!!
ほんまにぁりがとう御座ぃます☆
またひょっこり現れま~す!!****

2006/09/23(土)15:17| URL | ゆず #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。