スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

「HUNTER×HUNTER」25巻感想

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
(2008/03/04)
冨樫 義博

商品詳細を見る

この漫画が面白いなんてことは今さら言うまでもありません。
作者がどうとか休載が多いとかそういう事情もこの際置いておきましょう。
結局、この作品の面白さはどこにあるのか。ということですよ。

一つ挙げるとすれば「演出の妙」だと思います。
特にこの25巻、ついに宮殿突入なわけですが、人物の動向や心理描写などつきつめたディテールが徹底的に描かれています。その細かな描写ひとつひとつを盛り上げているのが、コマ割りやキャラの表情、そして解説による見事なまでの演出なのではないかと。

無駄がないんです。どんな小さなコマ、セリフにも意味があります。この漫画のすごいところはそういうところにある気がします。いうまでもなく万人におすすめします。本当に面白い漫画とはこういうのを言うんだなぁ、とか思いました。


漫画レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/19(水)23:09

「3月のライオン」1巻感想

3月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)
(2008/02/22)
羽海野 チカ

商品詳細を見る

「ハチミツとクローバー」では複雑な人間関係の中で揺れ動く「恋愛」が描かれました。
この「3月のライオン」で描かれているのは、いうなればそう「家族愛」。

とても温かいお話です。人の優しさというものが丁寧に描かれています。
月並みですが、ゆっくりと物語が動き始めた。というのが所感です。
まだまだ序盤、しかし確実に主人公や周りの人物たちは動き始めます。
ひとりひとりが、何かを取り戻していく。そんなお話。おすすめです。


漫画レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/19(水)22:47

«  | HOME |  »



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。